2020年5月18日月曜日

採卵周期⑧~タイムラプス~


♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡
2018年1月 K病院にて初めての不妊検査
2018年2月 採卵キャンセル→M病院に転院
2018年5月 採卵&体外受精→受精せず
2018年7月 採卵&顕微授精→成長ストップ
2018年10月 採卵&顕微授精→新鮮胚移植→陰性
2018年12月 凍結胚移植→陰性
2019年1月 Yクリニックに転院
2019年3月 採卵&顕微授精→新鮮胚移植→陰性
2019年5月 採卵&顕微授精→成長ストップ
2019年7月 採卵&顕微授精→受精せず
2019年9月 採卵&顕微授精→凍結胚移植→陰性【ココ】
2020年2月 採卵&顕微授精→凍結胚移植→陰性
♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡・♡


こんにちは(*'ω'*)さっちんです。

採卵からまた5日間、ドキドキの日々でしたが、成熟卵1個に顕微授精して、無事に受精し胚盤胞まで育ってくれました( *´艸`)やっとキターキターキター♡


8月にYクリニックでは培養システムを入れ替えて「タイムラプス」を導入したそうです。
培養中の受精卵の確認をするために、今までは受精卵を取り出して確認しないといけなかったのが、タイムラプスだと培養したまま24時間観察できるんだとか。
やっぱり、いくら気をつけて短時間で確認しても、明るさや温度が微妙に変化することで卵への影響はゼロではない。だからどうしても早く導入したかったんだって。

念願のタイムラプス&順調に胚盤胞になったことで先生もとっても嬉しそう(笑)
他の患者さんのも今までよりずっと順調に分割するようになったそうです(´-`*)



ということで☆
タイムラプスで見た5日目胚盤胞はとっても綺麗に撮れてます(*‘∀‘)



こちら↓












グレードは 3BB でした。

胚盤胞のグレードは

  • 胚の成長速度
  • 内細胞塊(胎児になる部分)
  • 栄養外胚葉(胎盤になる部分)

の3つでつけられます。

私の胚盤胞は3BBなので、成長速度は3(完全胚盤胞という段階)・内細胞塊はB(疎で細胞数が少ない)・栄養外胚葉もB(疎で細胞数が少ない)です。
あくまで「見た目」のグレードなので、よっぽど悪くなければ気にしなくていいかな?っと。
まぁでもやっぱりグレード良いほうが安心するけどね(。-_-。)


凍結するので、移植は次周期です。
卵ちゃん無事に戻ってきてね~~~(๑>◡<๑)


0 件のコメント:

コメントを投稿